2017年05月13日

国連「拷問禁止委員会」による「日韓慰安婦合意の見直し」勧告について


 国連の拷問禁止委員会が“韓国政府に対して”出した勧告の中に「日韓慰安婦合意の見直しを求める」という項目があったことが話題となっている。
 この委員会は、政府提出の報告と委員会側の報告者の報告を基に、長時間にわたる厳しい議論(というより尋問)を経て勧告をまとめる。
 委員会は10ヶ国から選ばれた10人の独立専門委員(この分野の有識者であって、国を代表する者ではない)で構成され、現在の委員は、デンマーク**、フランス、イタリア、モルドバ、アメリカ*、メキシコ*、中国、ネパール、モロッコ*、チュニジア出身(** 座長、* 副座長)である。
 今回の場合も、移民労働者の人権、北朝鮮との関係など、韓国政府が厳しく追及され、多くの勧告を出されている中の1項目である。
 端的に言えば、ここで批判され、注文を付けられているのは第一に韓国政府なのであり、「慰安婦合意」についてということで、日本人が変な反応をするべきではない。これを受けて、韓国政府から改めて申し入れがあれば真摯に対応すべきなのは当然であるが。
 以下に、報告の該当部分と日本語訳(寄藤訳)を示す。


CAT - Convention against Torture and Other Cruel Inhuman or Degrading Treatment or Punishment
60 Session (18 Apr 2017 - 12 May 2017)

Concluding observations on the third to fifth periodic reports of the Republic of Korea
韓国の第3回から第5回までの定期報告に関する最終的な監察結果

C. Principal subjects of concern and recommendations
C.主たる懸念事項と推奨事項

Redress for victims of torture and ill-treatment
拷問や虐待の被害者のための救済

47. The Committee is concerned:
(a) While welcoming the Agreement reached at the Republic of Korea-Japan Foreign Ministers’ Meeting on December 28, 2015, and taking note that there are still 38 surviving victims of sexual slavery during World War II, that the Agreement does not fully comply with the scope and content of its general comment No.3 (2012) on the implementation of article 14 of the Convention, and fails to provide redress and reparation, including compensation and the means for as full rehabilitation as possible as well as the right to truth and assurances of non-repetition;

47. 委員会は
(a) 2015年12月28日の日韓外相会合で合意が成立したことは歓迎するが、未だに第二次世界大戦中の性奴隷の生存者が38人いることに留意すると、(この合意は)条約第14条の「条約の履行に関する総括コメントNo.3(2012)」の範囲と内容を完全に遵守しておらず、真実(を究明すること)と二度と繰り返さぬ保証の権利、できるだけ完全なリハビリテーションのための手段と補償を含む、救済と賠償を提供することもできていない。

48. The State party should:
(d) Revise the Agreement of 28 December 2015 between the Republic of Korea and Japan in order to ensure that the surviving victims of sexual slavery during World War II are provided withredress, including the right to compensation and rehabilitation and the right to truth, reparation and assurances of non-repetitions, in keeping with article 14 of the Convention;

48. 締約国(韓国)は、
(d) 2015年12月28日の韓国と日本の間の合意を見直すこと。
第二次世界大戦中の性奴隷から生き残った犠牲者に対して、条約第14条に従い、補償とリハビリの権利、および真実の究明、賠償および二度と繰り返さぬ保証の権利を含めた救済措置が提供されていることを確実にするために。

http://tbinternet.ohchr.org/_layouts/treatybodyexternal/SessionDetails1.aspx?SessionID=1108&Lang=en

posted by Cheshire Cat at 16:59| Comment(0) | 世界の動き