2017年08月07日

大臣と所管官庁の関係について

 初入閣した江崎鉄磨沖縄・北方相が、地元の事務所で開かれた就任祝賀会合後、記者団の質問に対して述べたことが問題となっている。(下記記事)

 この記事では二つの問題が並列的に指摘されているのだが・・・

 第一に、「素人」発言は、実は大きな問題ではない。
 なぜなら、議院内閣制の下では、大臣は「国会=国民の代表」として担当官庁(職員)を“監督”するのであって、断じて「官庁の代表・指導者」などではないからである。
 健全な政治思想をもちバランスのとれた政治家であれば、就任段階で「有る程度素人」であっても全く問題ない。(就任後は、当然様々な“努力”が求められるが)

 第二に、「役所の原稿を朗読」は大きな誤り、というより言語道断である。
 これでは、“監督”どころか「職員の言いなりになる」すなわち「官庁を代表する」と宣言しているのと同じだから。
 日本の官僚たちが、諸外国と比べても有能・優秀であることは間違いない。
 だが、その一方で、一括採用・終身雇用、そして省を超える異動、民間企業との人事交流も少ないという組織の性格上、前例踏襲によって思考が固定化し、視野も狭い専門職集団、ともすれば「国益より省益」と成りがちな欠陥ももっている。
 そのような欠陥を補い、専門職集団特有の“暴走”を防ぎつつ、国民に奉仕させるのが政治家たる大臣の役割であり、だからこそ求められるのは、「役人を使いこなす」という感覚・能力であり、「役人と同化する」ことなどではないのである。

 少し違うが、同様の意味で、(現在の国交相のように)その役所の「元幹部職員」が大臣に就任するような事態こそ避けるべきである。

国会で「役所の原稿朗読」 江崎沖縄・北方相
日本経済新聞 2017/8/7 0:49


 内閣改造で初入閣した江崎鉄磨沖縄・北方相が、国会答弁で誤った発言をしないように「役所の原稿を朗読する」と述べていたことが分かった。北方領土問題については「素人」と語った。関係者が6日、明らかにした。謙虚に説明するとの趣旨から出た発言だが、国会軽視だとして野党が反発しそうだ。
 5日に地元、愛知県一宮市の事務所で開かれた支援者らによる就任祝賀会合後、記者団の質問に対し、述べた。〔共同〕
posted by Cheshire Cat at 13:33| Comment(0) | 日本の政治

2017年07月08日

首相の妻は「ファースト・レディ」などではない


 選挙で選ばれて政府の代表者になった(にすぎない)政治家を「指導者」とか「リーダー」と呼ぶのは、まともな民主国家の中ではアメリカ合衆国だけである。それは、米国における大統領が、国民によって選ばれた「国王の代わり」だからである。

 一方、日本や英国・ドイツの首相は、極言すれば能力の高低、人望の有無にかかわらず、たまたま「選挙で勝った」政党の中で「党の総裁であった」結果、総理大臣の仕事をすることになる一代議士に過ぎない。その実績によって、結果的に高い評価を受けることになったドイツのメルケル首相のような例もあるが、彼女の場合も出発点は同じである。
 ところが、安倍晋三氏は「自分は“当然”首相に成るべくしてなった、国民の“指導者”だ」という恐るべき“勘違い”をしている節がある。相手の話を全く聞こうとしない、絶対に自説を曲げない、異常に高慢な態度、物言い、全てがその“勘違い”を示している。

 米国社会で大統領の妻を「ファースト・レディ」と呼ぶのも、大統領の仕事に関係のない「子ども」まで表に出すのも、言わば「ロイヤルファミリーのようなもの」を演じることが求められているからである。
 では、英国でテリーザ・メイ首相を「ファースト・レディ」と呼んでいるだろうか。それは絶対にあり得ない。言うまでも無く、英国の「ファースト・レディ」はエリザベス女王陛下だからである。
 同様に、日本国の「ファースト・レディ」は当然美智子皇后陛下でなければならない。

 日本のマスコミは、一体いつ、どこからどうして「首相の妻」を「ファースト・レディ」と呼ぶような馬鹿げた“勘違い”を始めたのだろう。
 日本の歴代首相には、在任時(公式には)独身であった人もあり、また妻帯者の場合も日本的に「後ろに控える」タイプの夫人が多く、自ら「ファースト・レディ」を演じようとするようなケースはこれまで(安倍昭恵氏が登場するまで)無かった。

 つまり、安倍晋三夫妻というのは、どちらも空前(絶後?)の“勘違い人間”と言える。そして、彼等の“勘違い”を暴走させた責任は、政治家としての本来の能力・経験や、見識、人間性などではなく、“血筋”や“家系”で位置づけするような堕落した自民党と、間違った報道で彼等を舞い上がらせたマスコミにあると考えられる。

 もう一つ、何とも奇妙なのは、上に書いた「皇后陛下ではなく首相の妻をファーストレディと呼ぶ」ような、言わば“不敬にあたる”マスコミの報道を、安倍氏の強力な応援団である極右・歴史修正主義者たちが全く問題にしないことである。もしかすると、彼等の意識では安倍晋三氏は既に「将軍様」か「総統閣下」の地位にあって、象徴である皇室などよりも上位に位置づけられているのかも知れない。

posted by Cheshire Cat at 04:28| Comment(0) | 日本の政治

2016年05月21日

政治家の劣化と官僚的思考の氾濫


 沖縄で起きた米国人軍属(元海兵隊員)による女性殺害事件、「タイミングが悪い」「水を差す」といった反応・発言が猛烈に不快に感じられるのは、被害者を傷つけるというだけでなく、それが「官僚」の発想そのものだからである。

 「目標」そのものが適正かどうかなど考えず、国の将来や世界の眼など“余計なこと”は一切気にせず、眼の前の目標達成の手順・方法と費用対効果だけ考えて、与えられた命令を実行するのが“有能な官僚”。
 かつての日本軍幹部も、公害企業の技術者たちも、600万人の「処分」を任されたアイヒマンも同じ種類の人たちだ。

 本来、政治家とは「国民の幸せ」という大きな視点に立って、そういう官僚をコントロールして(使いこなして)国を運営する存在でなければならないのだが・・・。
 今の日本は、政治家の激しい劣化によってそれが全くできないという深刻な状況になっている。
 政治家としての「理想」や「理念」のためではなく、単なる家業(二代目・三代目)や、出世のゴール(官僚崩れ)として政治家を“やっている”人々が幅を利かせている、
 そして、その頂点に居るのが、殆ど偏執狂と化した独裁志向の歴史修正主義者なのだから、このまま行けばこの国は破滅するかもしれない。

 だが、そんな政治家達は決して“天から降ってきた”わけではない。彼らを選挙で選んでいるのは、ほかならぬ我々国民なのだということを忘れてはならない。
 「破滅」に至るとすれば、それは日本人が「自ら選んだ道」ということだ。

posted by Cheshire Cat at 01:43| Comment(0) | 日本の政治