2018年09月10日

「選手インタビュー」に見る病

 テニスの全米オープンで優勝した大坂なおみ。 この素晴らしい選手を「日本(人)の誇り・・」みたいなケチな枠に押し込める報道や論評に心底うんざりする。
 ただ、ここで取り上げたいのは、試合後の彼女の会場での「挨拶」やインタビューの際の発言などについてである。プレイも素晴らしかったがそれ以上に、自分の考えを自分の言葉でしっかり語る、本当に素晴らしいスピーチだったからである。
 それらの発言について 「とても20歳とは思えない」などと騒いでいるスポーツ番組があった。いやいや、日本の「スポーツ選手たち」の考え、発言が "異常に幼い" こと、メディアもそれを当然視してきたことを明確に突きつけられたに過ぎない。言わば共犯者であったメディア側の人間が今更何を言う?と言いたい。
  日本のスポーツ選手の多くは「自分が(本当のところ)何を考え、何を言いたいか」ではなく、常に「その "場にふさわしい" ことを言おう」として話をする。そして、「ふさわしいかどうか」を決めるのも自分ではなく、想定されたファンであり "世間" を代表しているらしい「目の前のインタビュアー」だと思っている。
 だから、彼らは全ての発言を異常なほど「そうですね・・」から始めることになる。インタビュアーがどんなに馬鹿なことを発言しても、「それは違います」とか「そんなことはない」とは絶対に即答しない。そして結局のところ、メディア(インタビュアー)が予め決めたストーリーに沿って、メディアが「言わせたい」と思った言葉を言わされることで、何の発見も面白みも無いまま話はまとめられてしまう。
 極く一部だが、少し違うタイプの選手も居る。ただその多くは、逆に自意識過剰で思い上がっているだけで、幼さという点では同類である。彼らはわざと質問に質問で返したり、インタビュアーの揚げ足をとって嘲笑したり、なにやら意味不明の謎めいた発言をすることで、自分を大物に見せようとする。そうすると今度はメディアの方が擦り寄って「有難いお言葉」的に持ち上げる(だが腹の底では嫌ってる)。
 日本のスポーツ界から、「そうですね」で話を始める選手、「XX語録」などと言われて好い気になるような選手が居なくなって、皆が「自分の(本当の)考えを、きちんとした言葉と態度で話す」ようになって欲しいと、心から願っている。
posted by Cheshire Cat at 12:56| Comment(0) | 日本の社会

2018年07月06日

原発再稼働は必要なのか

 ここでは、原子力発電のもつ潜在的な危険や、使用済み核燃料や放射性廃棄物の最終的な処分が不透明であることなどは敢えて考慮せず、電力需給の面からのみ原発の再稼働の必要性について検討した。
 結論を言えば、現在の(国全体としての)電力需給の動向から見て、原子力発電所を再稼働する必要は無いと考える。その理由を以下に述べる。

1.原発停止で何か起こったのか?
 3.11直後の「計画停電」とそれを契機とする「電力不足」宣伝などが記憶にあるかもしれないが、あれは明らかに政策的・意図的な「誘導」であった。
 当時、東京電力管内において震災直後に停止した原発は福島第一・第二 "だけ" で、失われた出力は合計721万kW、柏崎刈羽原発は「動いていた」のである。柏崎刈羽原発が全機停止したのは翌年2012年の3月で、その時には計画停電などとっくに終っていた。
 震災直後に首都圏で計画停電を迫られることになった本当の理由は、東京電力の複数の大規模火力発電所が地震と津波で被災・停止、一部は数日中に復旧したが、福島の原発を上回る約1000万kWの電力が長期にわたって供給されなくなっていたためである。ただし火力発電所というのは言わば普通の工場と同じなので、緊急工事の結果早いところで2ヶ月、遅れたプラントでも4ヶ月強で復旧、停電が長引くことは無く、8月の猛暑を切り抜けることができた。つまり、柏崎刈羽まで止めたことと、計画停電とはまったく関係がなかったのである。

2.原発による電力は "安い" のか?
 決して安くはない。ここでは詳細は省略するが、この件についての政府や電力会社の発表は、大きく次の2点を隠す、あるいはすり替えることによって安く見せかけているだけである。
 第一は、実際にかかる費用(本当の原価)に含まれるべきなのに、電気料金とは別に国(=税金)が支出している費用が大きいこと。見かけの電気料金には含まれなくても、国民全体で負担していることには変わりない。
 第二に、原発は簡単に止めたり出力を変えたりできないため、揚水式発電所という巨大なバッテリーを必要とするのだが、原発がなければ全く不要な設備であり、そこでの発電コストは非常に割高である。公表数字はそれを関係のない一般の水力発電に合算して見かけのコストを上昇させ、一方で原発の費用を低く見せているのである。
 これらの問題については立命館大学の大島教授が追及していて、下記の資料にまとめられている。(2010年に発表されたもので、3.11による "にわか反原発" ではない)
「原子力発電は安い」は嘘。その理由は?

3.電力は本当に足りるのか?
 3.11 の後、計画停電の経験などもあって、日本では市民も企業も節電・省電力への関心を一挙に高めることとなった。特に企業の反応は大きく、工場や店舗の全ての照明をLED化、工場の大屋根全面に太陽電池パネルを設置するなどといったことが普通になり、熱と電力を効率良く利用するコージェネレーションも急速に普及した。この節電・省電力の効果が絶大なことは図1を見れば明らかである。
 また、家庭用電力でも家電製品の電力消費量などが飛躍的に改善され、下の図2のように1世帯あたりの電力消費量も明らかに低下している。ただ全体の推移で見ると家庭用電力消費量は微増しているのだが、人口は減り始めても世帯数は未だ増加が続いているためである。ただそれも時間の問題であることは言うまでもない。それでも政府は、既に人口が減少し始めているにも関わらず、相変わらず「右肩上がり」の将来予測に固執して、再稼働が必要だと叫んでいるのである。

部門別電力最終消費の推移.png
図1.(出典:平成29年度エネルギー白書)

1世帯あたりの電力消費量の推移.jpg
図2.(出典:電力事業連合会HP)
posted by Cheshire Cat at 02:46| Comment(0) | 日本の社会

2017年12月11日

振り込め詐欺について再び


 振り込め詐欺が減らない。そのために、銀行やコンビニのATMに見張りを付けるとか、引出額や振込額に年齢制限をかけるなどという騒ぎになっている。それはそれで一定の効果はあるだろうが、元々の「電話」について、重要な幾つかのことを警察やメディアが殆ど言わないのが不可解である。

 振り込め詐欺被害者には、最初の「電話」の段階で既に下記のような問題がある場合が多い。
  1.一人暮らしなのに固定電話を所有
  2.その電話番号を公開している
  3.電話が鳴ったら“無条件に出る”
  4.電話に出たら“こちらから先に名乗る”
 これらを止めるだけで、被害に遭う可能性はかなり減る筈なのだ。

 私自身もそうだが、一人暮らしだからこそ携帯を使うべきだ
 不穏なことを言うようだが、仮にトイレで身動きできなくなっても、出先で帰り道が分からなくなっても携帯を身に付けていれば助けを求めることができる。
 実際、最新の通話先が私だった友人が街頭で倒れ、「この携帯をお持ちの方を救急搬送しました」と消防から電話を貰って、彼の親族に連絡した経験も有る。
 また逆に、親族や友人にとっても、外出中や庭に居るなどで「電話に出ない」といった可能性が減ることで、より迅速に異変を察知することができる。

 電話番号は一切非公開にすること
 “自宅” の電話番号は極めて重要な「個人情報」なのだから、一切非公開が当然、必要な親族や友人にだけ個人的に教えておけば良い。そして、相手の番号を登録しておけば、鳴った瞬間に誰からか判る。
 例えば、町内会名簿などでは詳しい住所も判ってしまう。そして、何よりも馬鹿げた電話帳という存在。また、詐欺業界には「標的リスト」が拡散していて、そのために繰り返し被害に遭う人々が居ることも判っている。
 だから、既に(電話帳などで)公開されたことが有る場合は、番号を変えることが必須だ。

 相手の判る電話以外は出ない。出てもこちらからは名乗らない
 大昔から、「電話が鳴ったら急いで出る、そして自分から名乗る」という奇妙なというか馬鹿げた「作法」が横行しているが、これを “絶対にやらない” ことが、被害を防ぐ第一歩である。
 そもそも、上記のように登録した親族・友人 “以外の知らない番号” から、あるいは “番号非表示” でかかってきた電話など「出ない」で良いのだ。
 また、電話に出てしまっても、こちらからは沈黙あるいは「ハイ」だけにしていれば、そこで第一段階のチェックができる。セールス電話も含め “勝手にかかってくる” 電話では、こちらの姓名すら知らない、あるいは漢字の読み方が判らないというケースが珍しくない。相手の名前も正しく呼べないような電話は「怪しい奴」に決まっている。
 いきなり、「かあさん」などと叫ばれても、絶対に「○○か?」などと息子の名前を呼びかえしてはいけない。要するに、こちらからは「絶対に名乗らない」と意識を変えることが必要だ。

 ATMやバイク便など、最終段階で食い止めることも必要だが、犯人にとっての「アプローチ」の段階について、もっと真剣に「防御策」を考えるべきだと言いたい。
posted by Cheshire Cat at 19:16| Comment(0) | 日本の社会