2018年06月06日

難民認定の異常な少なさに透けて見えるこの国の病

 日本国政府が、あらゆる手段、抜け穴まで用意して外国人労働者を増やそうとしている一方で、「難民」については異常なほど忌避するのは何故なのか?
 入国管理局の収容所の現場職員が、刑法犯でもない「難民申請者」の人権を徹底的に無視、虐待行為を続けられるのは何故なのか?
 近年、逃走や退学などで在留資格を失いかけた技能実習生や留学生が、「難民となるべき事由・状況」が無いにもかかわらず、在留期間の延長を狙って難民申請を行うケースが急造しているのは事実である。政府は言わばそれに便乗する形で、難民申請者=不法滞在者と印象づけ、治安の問題なども仄めかしながら一層の「審査の厳格化」を打ち出している。
 だが遥か以前から、世界の主要先進国が等しく受け入れてきたクルド難民やシリア難民などについても、日本政府は徹底的に受け入れ(難民認定)せず、一貫して仮放免と収容という犯罪者と同様の待遇を続けてきている。正当な難民申請者の中には、本国では医師、技術者、法律家、料理人など様々な専門職であった人も居て、日本政府の言う「高度専門人材」も少なくない。しかし、そのことは一切無視されるのである。
 その本当の理由は、制度や法令以前に、関係する政治家や官僚の「意識の根底」にある「難民などというのは "祖国から逃げた裏切者" だ」という意識ではないのかと私は考えている。それは、国内の企業や官庁における "内部告発者" に対する評価とも重なって見える。権力の絶対視抵抗することへの罪悪視という、この国の社会が抱える「大きな歪み」の部分、本当の意味での民主的社会にも民主国家にもなりきれない根本、につながっているのではないかと考えている。
posted by Cheshire Cat at 16:43| Comment(0) | 世界と日本
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。