2018年01月29日

異常に「過去を忘れる」日本人

 最初に、1月29日時点での英国の百科事典サイト ENCYCLOPEDIA BRITANNICA のトップ・ページ(一部)を示す。赤丸で囲った項目を見て欲しい。世界は日本人のように「過ぎたことは、何でも忘れ」はしないことが良く判るではないか。
BRITANICA_20180129.png
 韓国のいわゆる慰安婦問題や中国の南京事件などについて、事実そのものを否定するネトウヨの意見などはどうでも良いのだが、特別に "嫌韓・反中" ではない多くの市民の中にも「過ぎたことをいつまでも!」とか「あまりに執拗な韓国・中国!」といった気分が漂っていることが非常に気になる。
 例えば、日韓合意とは、「過去の戦争時に日本側が韓国(人)の一部女性に対して行った人権侵害行為に関する "賠償請求等" についての国家間交渉」の合意であり、今後、韓国政府は日本政府に対してこの件についての賠償請求等は(不可逆的に!)一切行わない、という極めて事務的な手続きである。

 重要なことは、この手続きには「それらの(人権侵害の)事実を "無かったこと" にする」などという意味は一切含まれていないことである。しかし、そこを多くの日本人が「勘違い」していると強く感じる。
 「では、いつまで謝れば気が済むのだ!」と、日本人の多くが苛立つのだが、「水に流す」とか「無かったことにする」という "思想" は国際社会では一切通用しないことを学ぶべきである。「やってしまったこと」については、 "永遠に謝り続け" 、 "反省の態度を示し続け" なければならない、というのが国際社会の常識なのだと、きちんと知るべきである。

 この「謝る」「反省の態度を示す」ことについても、日本では(土下座○○と言うような)大きな誤解があるように思う。世界的に求められるのは「個々人の態度」などではない。国家として、義務教育段階できちんと教育、世代を越えて過去の負の歴史を認識し続けること、そのような過去を肯定・美化し、正当化するような言説・行動を規制する法律・条例を定め、運用することの二つである。ドイツにおける「反ナチ法」が後者の例であって、ナチスやヒトラーを賛美するような言説・デモは禁止され、強行すれば逮捕される。

 ところが、日本で公的な立場からこの世界の常識に沿った行動をしているのは、常に「アジアの人々に多大な苦痛を与えた過去を反省し・・」と言い続けておられる天皇陛下だけ、と言っても過言ではない。一方で、過去の事実を否定し、正当化するような言説(例えば日本会議系議員らの)が野放しであるばかりか、いわゆるヘイト・デモについても理念法がやっと制定されただけで、事実上放任されている。また、学校教育においても、いわゆる "つくる会" 系の過去を美化する教科書が出現し、それを行政の圧力で広域採択させることが全国で続いている。さらには、従軍慰安婦について事実を歪曲し、偏見を煽るような展示イベントを、公共の文化施設で開催させた例まであるのである。

 今回、韓国の新大統領が述べたこと「再交渉は求めないが、謝罪して欲しい」は、「世界的には当然」のメッセージであり、故に海外のメディアは全く問題にしていないのだが、自民党議員の一部や政府首脳は "激高" して見せ、国内メディアもそれを(いつものように)無批判に垂れ流し、市民の "嫌韓" 感情を煽っている。
 日本軍が、第二次世界大戦中にアジア太平洋地域を侵略したこと、そこでの "活動" の中に、多くの人道に反する行為、国際法・条約に違反する行為があったことは明らかな事実であり、その末裔である現在の日本国民が、今後も「世界で名誉ある地位」に居たいのであれば、そのことを「忘れず」 、二度と繰り返さないように "明示的" に「努力し続ける」義務があるのである。

 南京事件や重慶の市街地爆撃、慰安婦問題などについて、政府自らが経緯を明らかにし、誠実な反省を世界に発信すること。そして、それらの事実を否定しあるいは美化するような言説・行動を正しく規制する法令を整備・公布することが緊急の課題である。それらの法が成立すれば、一部の偏った教科書を公教育で使用することも不可能になる。
 それらを実行してこそ、同じ大戦中に米軍が行った広島・長崎の(戦略上明らかに不必要な)原爆投下や、東京を始めとする市街地(一般市民)への焼夷弾爆撃についても、真に対等の立場でその「非人道性・犯罪性」を問うことが可能になるのである。
posted by Cheshire Cat at 17:38| Comment(0) | 世界と日本
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。