2017年12月11日

振り込め詐欺について再び


 振り込め詐欺が減らない。そのために、銀行やコンビニのATMに見張りを付けるとか、引出額や振込額に年齢制限をかけるなどという騒ぎになっている。それはそれで一定の効果はあるだろうが、元々の「電話」について、重要な幾つかのことを警察やメディアが殆ど言わないのが不可解である。

 振り込め詐欺被害者には、最初の「電話」の段階で既に下記のような問題がある場合が多い。
  1.一人暮らしなのに固定電話を所有
  2.その電話番号を公開している
  3.電話が鳴ったら“無条件に出る”
  4.電話に出たら“こちらから先に名乗る”
 これらを止めるだけで、被害に遭う可能性はかなり減る筈なのだ。

 私自身もそうだが、一人暮らしだからこそ携帯を使うべきだ
 不穏なことを言うようだが、仮にトイレで身動きできなくなっても、出先で帰り道が分からなくなっても携帯を身に付けていれば助けを求めることができる。
 実際、最新の通話先が私だった友人が街頭で倒れ、「この携帯をお持ちの方を救急搬送しました」と消防から電話を貰って、彼の親族に連絡した経験も有る。
 また逆に、親族や友人にとっても、外出中や庭に居るなどで「電話に出ない」といった可能性が減ることで、より迅速に異変を察知することができる。

 電話番号は一切非公開にすること
 “自宅” の電話番号は極めて重要な「個人情報」なのだから、一切非公開が当然、必要な親族や友人にだけ個人的に教えておけば良い。そして、相手の番号を登録しておけば、鳴った瞬間に誰からか判る。
 例えば、町内会名簿などでは詳しい住所も判ってしまう。そして、何よりも馬鹿げた電話帳という存在。また、詐欺業界には「標的リスト」が拡散していて、そのために繰り返し被害に遭う人々が居ることも判っている。
 だから、既に(電話帳などで)公開されたことが有る場合は、番号を変えることが必須だ。

 相手の判る電話以外は出ない。出てもこちらからは名乗らない
 大昔から、「電話が鳴ったら急いで出る、そして自分から名乗る」という奇妙なというか馬鹿げた「作法」が横行しているが、これを “絶対にやらない” ことが、被害を防ぐ第一歩である。
 そもそも、上記のように登録した親族・友人 “以外の知らない番号” から、あるいは “番号非表示” でかかってきた電話など「出ない」で良いのだ。
 また、電話に出てしまっても、こちらからは沈黙あるいは「ハイ」だけにしていれば、そこで第一段階のチェックができる。セールス電話も含め “勝手にかかってくる” 電話では、こちらの姓名すら知らない、あるいは漢字の読み方が判らないというケースが珍しくない。相手の名前も正しく呼べないような電話は「怪しい奴」に決まっている。
 いきなり、「かあさん」などと叫ばれても、絶対に「○○か?」などと息子の名前を呼びかえしてはいけない。要するに、こちらからは「絶対に名乗らない」と意識を変えることが必要だ。

 ATMやバイク便など、最終段階で食い止めることも必要だが、犯人にとっての「アプローチ」の段階について、もっと真剣に「防御策」を考えるべきだと言いたい。
posted by Cheshire Cat at 19:16| Comment(0) | 日本の社会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。