2016年09月03日

「女子高生たたき」をめぐる毎日新聞の記事

<貧困>「貧乏人らしく」女子高生たたきの大誤解
毎日新聞 9月3日(土)9時0分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160903-00000016-mai-soci

 丁寧かつ品の良い記事であり、書かれている内容にも異論はまったく無い。
 しかし、一体この記事は「 "誰" に向けて書かれた」ものなのだろう。
 「・・女子高生たたきの大誤解」というが、中心となって叩いている人間たちは別に "誤解" などしていないからである。

 彼等(醜悪な片山議員も含めて)がやっていることは、単なる「ヘイトスピーチ」であり、曲解こそあれ "誤解" などそこには存在しない。あるネットメディアが「捏造」までして "叩き" に加わったことからも、それは明らかであろう。
 最終的にこのメディアは、「記者の "事実誤認" ・・」と謝罪して記事を削除したが冗談では無い。「正しく伝える意志は有ったが間違えた」のなら "誤認" だが、最初から何の根拠も無いデタラメを「事実のように書く」のは全くの "捏造" であり、単なる悪意の発露=ヘイトスピーチそのものでしかない。
 こういう連中に対してとるべき態度は、法的措置を含む断固たる「反撃」であって、「 "誤解" を解く」ことなどではないのは、例えば在特会やその仲間の物書きたちの言動・行動からも明らかではないか。
 実際、女子高生叩きのネット言説の一部には「在日」といったことばも使われていたのである。

 おそらく、この毎日新聞の記事は「その他多くの一般市民」に訴えることを目指したのだと考えられる。そうであれば、この見出しは極めて不適切である。なぜならば、この見出しの意味が瞬間に理解できるのは、既にネット上で悪質なバッシングが行われていることを良く知っている人に限られるのであり、元々酷い偏見はもっていない・大きな "誤解" もしていない、NHK の放送を見て少し同情している、といった程度の新聞読者は、いきなり "大誤解" などと書かれても良く解らないからである。
 それらの一般読者に訴えるのであれば、「『貧乏人らしく』はいじめ!」「女子高生たたきに流されるな!」等と書くべきだったのではないだろうか。
posted by Cheshire Cat at 15:20| Comment(0) | 報道・ジャーナリズム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。