2018年08月23日

「修士・博士、日本だけ減少」について

 引用した記事では「研究力の衰退を示す結果」などと驚いて見せているが、 "何を今更" と呆れるばかりだ。
 この国では、大学が取り組む学術研究に対する予算や支援体制を削り続け、結果的に若い研究者や大学院生の希望・意欲を叩き潰してきたではないか。人文社会系や基礎理学系の研究・研究者を「役立たず」と嘲笑し、大学を企業経営者や官僚の支配下に置いて「改革」することに総力を挙げてきたのではないか。
 そしてその全てはこの国の政府・安倍政権が暴力的に推進してきたのであり、そのことを本気で批判し問題提起する報道を行おうとせず「見て見ぬふり」を続け、政権が狙う方向に国民を誘導する政策の片棒を担いできたのは大手メディアではないか。
 今日の状況についてなら、「安倍政権の努力によって、見事に結果が出ました」と "正直に" 報道すれば良いのだ。来春には安倍政権の目玉政策の一つとして、専門学校が看板を塗り替えただけの「専門職大学」という "画期的な新しい大学" が全国に誕生する。大手メディアの多くは、政権への忖度やら広告費欲しさからこの専門職大学を持ち上げる報道や広告を展開、少子化の下で必死に真面目に頑張ってきた地方の中小大学の息の根を止めることだろう。

gakui.png

修士・博士
日本だけ減少…研究力衰退あらわ 7カ国調査

毎日新聞2018年8月22日 19時49分(最終更新 8月22日 20時23分)

 人口当たりの修士・博士号取得者が近年、主要国で日本だけ減ったことが、文部科学省科学技術・学術政策研究所の調査で判明した。日本の研究論文の質や量の低下が問題になっているが、大学院に進む若者の数でも「独り負け」で、研究力の衰退を示す結果といえる。
 比較可能な日米英独仏中韓の7カ国で修士・博士号の人口100万人当たり取得者数を、2014〜17年度と08年度で比べた。
 その結果、最新の修士号の取得者数は、中国が08年度比1.55倍の350人▽フランスが1.27倍の1976人−−などで、日本以外で増加。日本だけが08年度比0.97倍の570人と微減だった。
 博士号も同じ傾向で、韓国は1.46倍の279人▽英国は1.23倍の353人−−などと増える中、日本だけが0.90倍の118人と減った。内訳が明らかでない中国を除く6カ国で自然科学で比較しても、日本だけが修士・博士号取得者は横ばい、または減少していた。
 研究所によると、日本の取得者は自然科学に偏るが、他国では特に修士で人文・社会科学の取得者が多く、全体の取得者数に影響しているという。
 日本の博士号取得者は、06年度をピークに減少に転じた。取得後も多くが雇用が不安定な任期付き研究員にならざるを得ず、敬遠されたことも背景にあるとみられている。【酒造唯】

posted by Cheshire Cat at 08:31| Comment(0) | 科学・技術・教育と社会