2017年08月07日

大臣と所管官庁の関係について

 初入閣した江崎鉄磨沖縄・北方相が、地元の事務所で開かれた就任祝賀会合後、記者団の質問に対して述べたことが問題となっている。(下記記事)

 この記事では二つの問題が並列的に指摘されているのだが・・・

 第一に、「素人」発言は、実は大きな問題ではない。
 なぜなら、議院内閣制の下では、大臣は「国会=国民の代表」として担当官庁(職員)を“監督”するのであって、断じて「官庁の代表・指導者」などではないからである。
 健全な政治思想をもちバランスのとれた政治家であれば、就任段階で「有る程度素人」であっても全く問題ない。(就任後は、当然様々な“努力”が求められるが)

 第二に、「役所の原稿を朗読」は大きな誤り、というより言語道断である。
 これでは、“監督”どころか「職員の言いなりになる」すなわち「官庁を代表する」と宣言しているのと同じだから。
 日本の官僚たちが、諸外国と比べても有能・優秀であることは間違いない。
 だが、その一方で、一括採用・終身雇用、そして省を超える異動、民間企業との人事交流も少ないという組織の性格上、前例踏襲によって思考が固定化し、視野も狭い専門職集団、ともすれば「国益より省益」と成りがちな欠陥ももっている。
 そのような欠陥を補い、専門職集団特有の“暴走”を防ぎつつ、国民に奉仕させるのが政治家たる大臣の役割であり、だからこそ求められるのは、「役人を使いこなす」という感覚・能力であり、「役人と同化する」ことなどではないのである。

 少し違うが、同様の意味で、(現在の国交相のように)その役所の「元幹部職員」が大臣に就任するような事態こそ避けるべきである。

国会で「役所の原稿朗読」 江崎沖縄・北方相
日本経済新聞 2017/8/7 0:49


 内閣改造で初入閣した江崎鉄磨沖縄・北方相が、国会答弁で誤った発言をしないように「役所の原稿を朗読する」と述べていたことが分かった。北方領土問題については「素人」と語った。関係者が6日、明らかにした。謙虚に説明するとの趣旨から出た発言だが、国会軽視だとして野党が反発しそうだ。
 5日に地元、愛知県一宮市の事務所で開かれた支援者らによる就任祝賀会合後、記者団の質問に対し、述べた。〔共同〕
posted by Cheshire Cat at 13:33| Comment(0) | 日本の政治