2018年09月10日

「選手インタビュー」に見る病

 テニスの全米オープンで優勝した大坂なおみ。 この素晴らしい選手を「日本(人)の誇り・・」みたいなケチな枠に押し込める報道や論評に心底うんざりする。
 ただ、ここで取り上げたいのは、試合後の彼女の会場での「挨拶」やインタビューの際の発言などについてである。プレイも素晴らしかったがそれ以上に、自分の考えを自分の言葉でしっかり語る、本当に素晴らしいスピーチだったからである。
 それらの発言について 「とても20歳とは思えない」などと騒いでいるスポーツ番組があった。いやいや、日本の「スポーツ選手たち」の考え、発言が "異常に幼い" こと、メディアもそれを当然視してきたことを明確に突きつけられたに過ぎない。言わば共犯者であったメディア側の人間が今更何を言う?と言いたい。
  日本のスポーツ選手の多くは「自分が(本当のところ)何を考え、何を言いたいか」ではなく、常に「その "場にふさわしい" ことを言おう」として話をする。そして、「ふさわしいかどうか」を決めるのも自分ではなく、想定されたファンであり "世間" を代表しているらしい「目の前のインタビュアー」だと思っている。
 だから、彼らは全ての発言を異常なほど「そうですね・・」から始めることになる。インタビュアーがどんなに馬鹿なことを発言しても、「それは違います」とか「そんなことはない」とは絶対に即答しない。そして結局のところ、メディア(インタビュアー)が予め決めたストーリーに沿って、メディアが「言わせたい」と思った言葉を言わされることで、何の発見も面白みも無いまま話はまとめられてしまう。
 極く一部だが、少し違うタイプの選手も居る。ただその多くは、逆に自意識過剰で思い上がっているだけで、幼さという点では同類である。彼らはわざと質問に質問で返したり、インタビュアーの揚げ足をとって嘲笑したり、なにやら意味不明の謎めいた発言をすることで、自分を大物に見せようとする。そうすると今度はメディアの方が擦り寄って「有難いお言葉」的に持ち上げる(だが腹の底では嫌ってる)。
 日本のスポーツ界から、「そうですね」で話を始める選手、「XX語録」などと言われて好い気になるような選手が居なくなって、皆が「自分の(本当の)考えを、きちんとした言葉と態度で話す」ようになって欲しいと、心から願っている。
posted by Cheshire Cat at 12:56| Comment(0) | 日本の社会

2018年08月23日

「修士・博士、日本だけ減少」について

 引用した記事では「研究力の衰退を示す結果」などと驚いて見せているが、 "何を今更" と呆れるばかりだ。
 この国では、大学が取り組む学術研究に対する予算や支援体制を削り続け、結果的に若い研究者や大学院生の希望・意欲を叩き潰してきたではないか。人文社会系や基礎理学系の研究・研究者を「役立たず」と嘲笑し、大学を企業経営者や官僚の支配下に置いて「改革」することに総力を挙げてきたのではないか。
 そしてその全てはこの国の政府・安倍政権が暴力的に推進してきたのであり、そのことを本気で批判し問題提起する報道を行おうとせず「見て見ぬふり」を続け、政権が狙う方向に国民を誘導する政策の片棒を担いできたのは大手メディアではないか。
 今日の状況についてなら、「安倍政権の努力によって、見事に結果が出ました」と "正直に" 報道すれば良いのだ。来春には安倍政権の目玉政策の一つとして、専門学校が看板を塗り替えただけの「専門職大学」という "画期的な新しい大学" が全国に誕生する。大手メディアの多くは、政権への忖度やら広告費欲しさからこの専門職大学を持ち上げる報道や広告を展開、少子化の下で必死に真面目に頑張ってきた地方の中小大学の息の根を止めることだろう。

gakui.png

修士・博士
日本だけ減少…研究力衰退あらわ 7カ国調査

毎日新聞2018年8月22日 19時49分(最終更新 8月22日 20時23分)

 人口当たりの修士・博士号取得者が近年、主要国で日本だけ減ったことが、文部科学省科学技術・学術政策研究所の調査で判明した。日本の研究論文の質や量の低下が問題になっているが、大学院に進む若者の数でも「独り負け」で、研究力の衰退を示す結果といえる。
 比較可能な日米英独仏中韓の7カ国で修士・博士号の人口100万人当たり取得者数を、2014〜17年度と08年度で比べた。
 その結果、最新の修士号の取得者数は、中国が08年度比1.55倍の350人▽フランスが1.27倍の1976人−−などで、日本以外で増加。日本だけが08年度比0.97倍の570人と微減だった。
 博士号も同じ傾向で、韓国は1.46倍の279人▽英国は1.23倍の353人−−などと増える中、日本だけが0.90倍の118人と減った。内訳が明らかでない中国を除く6カ国で自然科学で比較しても、日本だけが修士・博士号取得者は横ばい、または減少していた。
 研究所によると、日本の取得者は自然科学に偏るが、他国では特に修士で人文・社会科学の取得者が多く、全体の取得者数に影響しているという。
 日本の博士号取得者は、06年度をピークに減少に転じた。取得後も多くが雇用が不安定な任期付き研究員にならざるを得ず、敬遠されたことも背景にあるとみられている。【酒造唯】

posted by Cheshire Cat at 08:31| Comment(0) | 科学・技術・教育と社会

2018年07月15日

政治意識の気になる傾向

 Quora という質問ー回答サイトがあって、私自身が投稿した回答の一部を Facebook ページでも紹介している。比較的高学歴、専門職の人々が多く参加していることもあって、本来は健全な知的好奇心に根ざした質問や、キャリアップの方法などに関する質問が多いサイトである。
 そこで最近気になる傾向が見えてきた。それは政治システムに関する質問で、下に示す2つの質問に代表されるような「政治家や議会の存在を否定する」タイプの質問が目立つようになったこと、そしてそれが比較的若い人々からの質問であることである。
 『政治家は増税したり、福祉を切り捨てたり、戦争を起こしたりして国民を苦しめます。世界中から政治家がいなくなれば幸福な世界になりますか?』
 『今の日本の政界を一掃し、古い慣習みたいなものやコネを取っ払い、年齢問わず有能な非政治家(経営者や学者、教授や博士、スタートアップの若者など何でもいいのですが)が、会社組織のような形態で政治をし、風通しをよくし、無駄を省いたら、何か変わりますか?』

 またこれらとは異なるが、国会での与野党の議論を「無駄」「茶番」などとする、あるいは普通選挙という選挙制度そのものを否定する、といった内容を含む質問も散見される。
 これは極めて危険な、そして恐ろしい傾向であると考える。ここには「国民主権」への無自覚と「面倒な議会制民主制度」への嫌悪、そして「賢者独裁」への憧れすら見えているからである。
posted by Cheshire Cat at 09:07| Comment(0) | 日本の政治